キャンバスはなぜ弛む? 防ぐ方法は?

canvas

張り替え中の100Fキャンバス

キャンバスが弛む!

「100号のキャンバスが弛みました。もっと強く張ってください!」
春秋の気候変動の激しい時期に、しばしばこんなご要望を頂きます

手抜きをしている訳ではありません。 どなたからご注文頂いたキャンバスも、これでもかというほど強く張っています。手の関節が腱鞘炎に悩まされるほどです。 お届けした時には、叩くとパンパンと音がするほど強く張ってある筈です。 それがタルタルに弛むのです

そこで、「張り直しを!」 とお引き取りしたキャンバスを2〜3日店内に置いておくと、 何もしないのにパンパンに戻ってしまい、 「私は何をしたらいいの?」状態となります!

なぜこの様なことが起こるのでしょうか?

答えは湿度の差です

私共の店内には小さな手洗い場しかなく、一日中エアコンが入って乾燥しています
ところが一般のご家庭は、お勝手有りお風呂場有りで、普段から建物内に生活の湿度が有って、そこに季節的な湿気が加わります

特に庭木が沢山あるお宅、風通しが少ないお宅などは、湿度が上がりがちです
近くに小川が流れていたり、広い芝生や樹木の茂った環境があったりすると、長雨時期の湿度はさらに上がり室内の湿度に影響を及ぼします。

キャンバスは天然の麻布です

麻布は、急激に多量の水分を含むと縮みます。
加工技術が進んだ現在では考えられませんが、昔は麻のジャケットは雨に遭うと縮んでしまいました。
また、キャンバスのへこんだ部分に裏から霧を掛けると、平面に戻る経験をされた方がいらっしゃると思いますが、そんな性質からです。
反面、ゆっくり湿気を含むと伸びる と言う不思議な性質も持っています。そこで、自然の気候の中でゆっくり湿気を吸ったキャンバスは伸びて弛みます

天然の麻生地を使う限り、キャンバスは生き物です。
キャンバス張りに手抜きをしたから弛む訳ではなく、湿度の高い時期には緩んで当たり前なのです

おすすめの対策です!

こんな気難しい性質を持ったキャンバスですが、気持ち良く描いて頂く方法が有ります


★ 乾燥した天候の良い日に、キャンバスを外に出して裏側から長時間陽を当て、乾燥をさせる
★ キャンバスプライヤーを購入して、増し締めする
(ご自身で、ご自身の環境でやらないと効果がありません。一回増し締めをすると不思議と弛みません)
★ 四六時中アトリエにエアコンを入れ、部屋を乾燥させておく
★ アトリエを2階に引っ越す(多くのお宅が2階の方が乾いている様子です。2階で描いている方からのクレームは、ほとんど有りません)

キャンバスは湿気のバロメーターです

キャンバスが弛んでしまったら 「キャンバスは湿気のバロメーター!」と思い出してください
そして、上の対策をお試し下さい。

お問い合わせを頂きました

雨の日など湿度の高い日にキャンバスを張れば良いのでは? と、お問い合わせを頂きました。

「 はい! そのキャンバスをご使用になるアトリエで、湿度の高い日に張れば効果はあると思います 」

Copyright © 2021 ARSGABOU All Rights Reserved.

ホームボタン